マイナビ看護師


株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス
医療系転職支援サービスのプロがサポート

日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など
豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり



マイナビ看護師 詳細はこちら



https://kango.mynavi.jp/




ナース人材バンク



年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス
東証一部上場の安心企業が運営

全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート
求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ



ナース人材バンク 詳細はこちら



https://www.nursejinzaibank.com/




パソナメディカル



医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ
登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介

登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー
なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実



パソナメディカル 詳細はこちら



http://nr.pasonamedical.com/





看護のお仕事




全国求人対応・転職成功で、転職支援金あり
業界最大級の非公開求人(=好条件求人)保有数

地域ごとに専任のコンサルタント。
地域密着型のご提案が可能



看護のお仕事 詳細はこちら



http://kango-oshigoto.jp/




ナースパワー人材センター




看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア
業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用

沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評



ナースパワー人材センター 詳細はこちら



http://nursepower.co.jp/























ナースフル 求人

看護師の人が転職する時に、異なる職種に転職したいと思う人も多くいます。

 

 

 

けれど、一生懸命に看護師資格を得たのですから、その資格を活かすことのできる仕事を探したほうが良いでしょう。

 

かなり異なる職種であっても、看護師の資格が良い方向に働く職場は多数存在しています。努力して得た資格なのですから、利用しないのは損です。

 

 

 

看護師のための転職サイトの中に、お祝い金があるところが存在しています。転職することでお金をくれるなんて嬉しくなりますよね。

 

 

 

けれども、祝い金を出してもらうためには条件がほとんどの場合にありますから、先にチェックしておくようにする方が損しませんね。

 

また、祝い金を出してくれないところの方がその他のサービスが充実している場合もあります。
看護師でも転職回数が多いと良くない印象となるのかというと、そうとは限りません。自己PRをうまくできれば、意欲的で経験を持っているというイメージをつけることもできますね。

 

ですが、働いている期間がほんのちょっとの場合には、どうせすぐにやめてしまうと思われる場合も少なくないでしょう。

 

看護職の人がジョブチェンジするやり方は、昔とは違って、ウェブを介す方法がメジャーとされるようになってきています。

 

ネットの看護専門職向けのキャリアサポートサービスを活用すると、タダの上、見たい時に、見たい場所で最新オファーを確認することができるのです。

 

職場を変えた結果に満足出来るようにする為には、たくさんの情報に触れて吟味するのが肝心ですから、転身したいと思ったなら、まずは入会してみてください。
看護師で、育児を優先させるために転職する人もかなりいます。看護師は特に仕事と育児の両立が難しいので、日中のみ働くことができたり、仕事をする日が多くない仕事だったりが探せると良いと思います。

 

育児の間のみ看護師をお休みするという人も多くいますが、お金がなければ育児ができないので、看護師の資格を無駄にしない転職先を見つけた方がいいでしょう。
一般的な場合と同様に、看護スタッフが別な勤務先にエントリーしたときも、採用・不採用の鍵を握るのが就職面接です。

 

 

面接を担当した人がネガティブなイメージを抱いてしまったら、看護職員不足であるにもかかわらず選ばれない可能性があることを忘れてはいけません。
言うまでもありませんが、勤労条件が高い水準にある勤め先だと志望する人もそれだけ集まりやすいということですので、慢心することなく念入りに用意して自信を持って面接室へ入れるようにしましょう。場にふさわしい端正な装いで、質問には溌剌と応じる姿勢が重要です。

 

看護スタッフが別な勤務先にエントリーするにあたって、苦慮するのが志望理由です。

 

 

どういう訳でその勤務場を選んだのかを肯定的な雰囲気で表明するのはそれほどシンプルなものではありません。
高収入、休暇が多いといったそうした好待遇にフォーカスするより、看護専門職としてステップアップしたいから、というような、将来性を連想させる志願内容が比較的通過しやすいようです。
自らのキャリアのことを考えて転職しようとする看護師も世の中にはいます。

 

 

スキルを高めることで、収入を増やすことも目指せるでしょう。
看護師の仕事は職場次第で変わってくるため、自分に適した場所を検討することは必要でしょう。

 

 

 

内科の外来がぴったりだと思う人もいれば、特養が適している人もいるので、前向きに転職していくのもいいかもしれませんね。

 

 

 

看護師の転職の技としては、新しい仕事を見つけてから辞めたほうが良いでしょう。それに、3ヶ月ぐらいは使って念入りに確認しながら次の職場を見つけましょう。急いで決めた仕事だと、新たな仕事もまた辞めかねないので、自分の希望する条件に適した仕事を注意深く確認し探すようにしましょう。その事から、自分の希望する条件をハッキリとさせておきましょう。

 

 

 

もし、看護専門職の人が違う仕事場に移るなら、ネットの求人サービスを利用するのが便利です。
看護職の募集は、職業安定所や求人情報誌には載らない場合も数多くあります。一方、看護職に特化した人材派遣サイトでは、登録者のみ閲覧できる求人オファーがある上、仕事場のカラーといったこともチェックできます。

 

 

こちらからは触れにくい契約内容のネゴシエーションをお願いできる所も少なくありません。
看護師の転職しようとする動機としては、人間関係のこじれという人がかなりの数います。

 

 

 

女の人が多くいる仕事ですし、イライラしやすいこともあり、対人関係が大変という人がたくさんなのでしょう。
一部には、パワハラやいじめが転職を考える理由という人も存在します。つらい環境で頑張って働こうとしてしまうと、体を悪くしてしまうので、すぐに転職した方が良いでしょう。病院などで働く看護専門職が違う仕事先へ変わる際のミスマッチを避けるためには、勤労条件についての要望を始めにはっきりさせておきましょう。泊まりでの勤務は荷が重い、充分な休みが欲しい、できればお看取りの場は避けたい等、望む職場環境は人それぞれです。看護職は慢性的に人が足りず仕事はいくらでもありますから、合わないと思われる仕事場で限界を待つ意味はありません。

 

 

 

結婚のタイミングで転職してしまう看護師も少なくありません。

 

 

 

パートナーとうまくいかなくて離婚するよりは、転職する方が良いでしょう。

 

いつか子育てをしたいと思っているならば、結婚の際に、時間に融通の利く仕事に転職しておくと良いでしょう。ストレスが多くあると妊娠しにくくなりやすいので、注意しましょう。
看護職の人がジョブチェンジする動機としては、看護スキルの向上を前面に出すのがお勧めです。過去の仕事場の人とうまくいかなかったからとか、働きに対し割の合わない雇用条件だったというような、否定的な事由だったりすると、それだけで評価を下げることになりかねません。たとえ本音がそうだとしても素直に明かす意味もありませんので、未来志向であることを印象付ける志望理由を答えられるようにしておいてください。ナースが仕事を変えるタイミングとしていつが良いかというと、だいたいが賞与支給を待って職場を離れる傾向にありますので、6月中、あるいは1月中に照準を合わせるとよいでしょう。

 

 

 

看護職員の価値は市場では依然高いのですが、勤労条件がよりマッチする勤め先を見つけるためにも、どこの職場が良いか90日間は余裕をもって、落ち着いて情報収集するのが安心です。

 

すぐにでも次の仕事場へ行きたい事由がある人以外は、募集案件が多数紹介される頃まで様子を見るのがベターです。