ナースではたらこ




東証一部上場企業「総合求人情報ポータル」の老舗・ディップ株式会社が運営



全国各地の医療機関情報・日本最大級、看護師専門の転職・求人サービス



多くの看護師さんに支持され、満足度第1位 (※:調査機関:楽天リサーチ 2015年4月/20〜40代)



Webに公開されていない最新の非公開求人も登録者限定でご紹介



「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんな看護師さんを応援








ナースではたらこ 詳細はこちら






https://iryo-de-hatarako.net/







ナース人材バンク





年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス




看護師紹介・業界一の老舗・東証一部上場 エス・エム・エス キャリアが運営




全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート




求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ




転職利用者の97%が満足の転職支援サービス

 (平成26年1月ナース人材バンク成約者アンケート調べ)






ナース人材バンク 詳細はこちら






https://www.nursejinzaibank.com/






マイナビ看護師





株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス





医療系転職支援サービスのプロがサポート





日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など




豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり





マイナビ看護師 詳細はこちら






https://kango.mynavi.jp/







パソナメディカル






医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ



登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介




登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー




なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実





パソナメディカル 詳細はこちら






http://nr.pasonamedical.com/







ナースパワー人材センター







看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア



業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用



沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評





ナースパワー人材センター 詳細はこちら





http://nursepower.co.jp/































ナース転職サイト比較ランキング

看護師の人が転職する時に、違った職種に転職を考える人も少なくないです。しかし、大変な思いをして看護師資格をゲットしたのですから、その資格を活かすことのできる仕事を探したほうが良いでしょう。全然異なった職種だとしても、プラスになるところは少なくありません。

 

 

一生懸命にやって取ることのできた資格なのですから、使わないのは損になってしまいます。看護職の人がジョブチェンジを検討するときにはネットの求人サービスを利用するのが便利です。

 

看護専門職を探している職場情報は、公共職業安定所や求人誌などには記載されていないケースも少なくありません。

 

 

 

看護職員にフォーカスしたウェブの求人サポートはこの点、クローズド案件の就職情報を流してくれる以外にも、たとえば、勤め先がどのようなムードか等も調べることもできます。

 

できれば避けたい勤労条件に関するやりとりをしてもらえるケースもみられます。

 

 

看護専門職が職場を移る根拠としては、ステップアップと説明するのが良策です。
前職のことを引き合いに出して、たとえばスタッフの雰囲気がよくなかったとか、賃金や労働時間などが実際の仕事に見合わなかったとかの、マイナス要素をあげてしまうと、相手側の心証を悪くしてしまいます。要因として現にあったとしても律儀に知らせなくても問題はないため、建設的にキャリアを積もうとしているということを表明してください。キャリアアップを目指して転職を考える看護師も少なくありません。看護師としての腕を上げることで、収入を増やすことも目指せるでしょう。
その職場によっても看護師の業務内容は異なっているため、自分に合う職場を探すのは大事なことです。内科の外来が適しているという人もいれば、特養が合うという人も存在するので、ポジティブに転職を考えるのも良いでしょう。

 

 

看護職員の方が新しい勤務先をリサーチするには、契約内容でどのような点を大切にしたいのかをとりあえずクリアーにしておくのが大切です。
泊まりでの勤務は荷が重い、充分な休みが欲しい、患者さんの息をひきとる場は遠慮したいなど、リクエストには個性があります。

 

 

 

ご存知のように専門職である看護師が不足し困っている職場は多いため、不満がたまるような勤め先で辛さに耐え続けることはありません。

 

看護師が転職しようとする理由は、人間関係といった人が多くいます。

 

 

女の人が大半を占める職場ですし、イライラしやすいこともあり、人と人との関係に頭を悩ませる人が多くいるのでしょう。人によっては、イジメやパワハラが転職しようとする要因となる人もいます。

 

大変な環境を耐えて働いてしまうと、健康を害してしまいますので、すぐにでも転職を考えましょう。

 

結婚のタイミングで転職してしまう看護師も非常に多くいます。パートナーとすれ違って離婚するよりは、転職する方が良い選択でしょう。今後、子育てを頑張るつもりならば、結婚を機に自由時間を多くとれる職場に転職するのが楽ですね。イライラが多くなりがちだと妊娠しにくくなりやすいので、要注意です。看護師の場合でも転職がいくつかあると悪いイメージにつながるかというと、必ずそうだとは言うことができません。自己アピールの方法次第で、意欲と経験があるといったイメージを与えられるかもしれません。

 

とは言っても、勤務の年数がほんのちょっとの場合には、採用後、すぐやめると思ってしまう場合もあるでしょう。
看護師のための転職サイトの中に、祝い金をくれるところがあります。転職をすることで祝い金を出してもらえるなんてラッキーですよね。

 

けれども、祝い金を出してもらうためには条件を満たす必要があることがほとんどですから、先にチェックしておくようにする方が損しませんね。それとは別に、祝い金のサービスがない転職サイトの方がその他のサポートが良いこともあります。看護専門職が違う仕事先に変わる時も、十分な対策を必要とするのが採用面接です。
面接担当官に悪印象だと、どれほど看護専門職は市場で価値が高いとはいえ残念ながら採用を見送られることもあるのです。

 

 

 

良い雇用環境と思われる仕事場は応募者数も多くなりますから、気を抜かないで万全を期し採用面接に向かうことが大切です。身だしなみを整えきちんとした格好をして、イキイキと応対するのがポイントです。育児をするために転職しようとする看護師もたくさんいます。

 

特に看護師の場合、子どものことと仕事との両立が困難であるので、昼間のみの勤務だったり、出勤日が少ない職場での勤務だったりが良いでしょう。育児の大変なときのみ看護師をやめるという人もかなりいますが、育児にはお金が必要ですから、資格が活用できる転職先を探してみましょう。今の職場に不満があって看護師が転職するときの秘訣は、辞めるより先に次の仕事を決定しておいた方がいいですね。そして、3ヶ月は使って細心の注意を払って新たな職場を探しましょう。急いで決めた仕事だと、次の職場でもすぐに辞めざるを得なくなりかねないので、自分の希望に合う仕事をしっかりと見つけるようにしましょう。

 

以上から、自らの希望の条件を分かりやすくしておくことが必要ですね。

 

ナースが仕事を変えるに当たって窓口としては、今はネットサービスを役立てるのが大部分となってきました。
ネットの看護専門職向けのキャリアサポートサービスを活用すると、出費もありませんし、どこにいても好きな時に募集案件を閲覧できます。よいジョブチェンジを実現するには、たくさんの情報に触れて吟味するのが肝心ですから、ジョブチェンジが頭をよぎったらとりあえずサインアップしてみましょう。
看護職員の方が仕事場を変えるのに丁度よい頃合いとしては、多くの人が夏季・冬季手当が入ってから離職するので、年間でいうと1、6月頃に絞るのが得策です。実際に看護スタッフを補充したいところはいくらでもありますが、勤労条件がよりマッチする勤め先を見つけるためにも、約90日ほどは新しい仕事場を探す時だと考えて、落ち着いて情報収集するのが安心です。すぐにでも次の仕事場へ行きたい事由がある人以外は、募集案件が多数紹介される頃まで控えるのがよいでしょう。

 

 

 

看護専門職が違う職場に変わろうとした時、多くの人が壁に当たってしまうのが志願の根拠です。何故、次の勤務場所としてそこを望んでいるのかを好印象となるように示すのはそう単純なものではありません。
たとえばお給料が良くなるとか、しっかり休みが取れるとか待遇面の特長に焦点を当てるのに比べ、看護職員の専門性をブラッシュアップしたい等の、やりがいを求めているような応募理由のほうが合格へ近づきやすくなります。