マイナビ看護師


株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス
医療系転職支援サービスのプロがサポート

日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など
豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり



マイナビ看護師 詳細はこちら



https://kango.mynavi.jp/




ナース人材バンク



年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス
東証一部上場の安心企業が運営

全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート
求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ



ナース人材バンク 詳細はこちら



https://www.nursejinzaibank.com/




パソナメディカル



医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ
登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介

登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー
なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実



パソナメディカル 詳細はこちら



http://nr.pasonamedical.com/





看護のお仕事




全国求人対応・転職成功で、転職支援金あり
業界最大級の非公開求人(=好条件求人)保有数

地域ごとに専任のコンサルタント。
地域密着型のご提案が可能



看護のお仕事 詳細はこちら



http://kango-oshigoto.jp/




ナースパワー人材センター




看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア
業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用

沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評



ナースパワー人材センター 詳細はこちら



http://nursepower.co.jp/























特報ナース求人

ナースが仕事を変えよう思うときは、ネットの求人サービスを利用するのが便利です。看護専門職を探している職場情報は、公共職業安定所や求人誌などには記載されていないケースもたくさんあります。一方、看護職に特化した人材派遣サイトでは、非公開案件の転職情報を閲覧できるだけでなく、気になる組織風土などが確認できたりします。

 

こちらからは触れにくい契約内容のネゴシエーションをしてもらえるケースもみられます。看護師が転職する時のポイントは、辞めるより先に次の仕事を決定しておいた方がいいですね。

 

 

 

加えて、3ヶ月程掛けて念入りに確認しながら次の職場を見つけましょう。気持ちが焦った状態で次の職場へ行ってしまうと、次も辞めなければならなくなることもあるので、自分の条件に合う職場をしっかりと見つけるようにしましょう。

 

以上から、自らの希望の条件をハッキリとさせておきましょう。

 

いわゆる看護師の人のための転職サイトの中で、お祝い金があるところが存在しています。転職することでお金をくれるなんてラッキーですよね。
けれど、お祝い金を受け取るためには条件がほとんどの場合にありますから、申し込む前にチェックをしっかりとしておくようにしましょう。それとは別に、祝い金のサービスがない転職サイトの方が充実したサポートを提供している場合も少なくないです。看護職の人のジョブチェンジにおいて適時としては、大半の人は賞与が出てから退職するため、具体的には1月、6月がオススメです。

 

実際に看護スタッフを補充したいところはいくらでもありますが、勤労条件がよりマッチする勤め先を見つけるためにも、新しい職場で働くまでに3ヶ月は間合いを取って、ゆっくり冷静に判断していくのがベストです。すぐにでも次の仕事場へ行きたい事由がある人以外は、就職情報が活気付いてくるまで静観することを推奨します。

 

 

看護スタッフが別な勤務先へ移る方策についてですが、今はネットサービスを役立てるのがメジャーとされるようになってきています。

 

 

 

ネットの看護専門職向けのキャリアサポートサービスを活用すると、無料ですし、見たい時に、見たい場所で最新オファーをリサーチすることもできます。

 

 

 

職場を変えた結果に満足出来るようにする為には、多角的に検討するのが鍵ですので、違う職場を見てみたいと思ったら早速会員になりましょう。子育てを優先するために転職をする看護師も少なくないです。
看護師は特に仕事と育児の両立が難しいので、夕方までの時間帯のみ働けたり、仕事をする日が多くない仕事だったりが見つかると良いですね。
子育ての期間だけ看護師を休業するという人もたくさんいますが、お金がなければ育児ができないので、看護師の資格を無駄にしない転職先を見つけた方がいいでしょう。

 

一般的に看護師が転職する要因は、人間関係が難しいからという人がたくさんいます。女性がたくさんいる職場ですし、イライラしやすいこともあり、人と人との関係に頭を悩ませる人が多くいるのでしょう。
その時、パワハラやイジメが転職しようと考える要因となる人もいます。つらい環境で頑張って働こうとしてしまうと、健康を害してしまいますので、早いうちに転職した方が吉です。転職をするのが看護師の場合であっても、異なった職種への転職を考える人も多くいるでしょう。

 

 

そうは言っても、頑張って看護師資格を得たのですから、利用できる仕事を見つけた方がいいでしょう。

 

 

かなり異なる職種であっても、看護師の資格がプラスにはたらく仕事は多数存在しています。
一生懸命にやって取ることのできた資格なのですから、活かさないのはもったいありません。病院などで働く看護専門職が違う仕事先へ変わる際のミスマッチを避けるためには、契約内容でどのような点を大切にしたいのかをとりあえずクリアーにしておくのが大切です。泊まりでの勤務は荷が重い、休みの日が減るのは困る、敬遠したい仕事、たとえばお亡くなりになるときなど、個人個人で仕事への要望は異なります。看護スタッフの離職率の高さから補充したいところはいくらでもありますから、合わないと思われる仕事場で我慢して勤める必要はないのです。

 

 

看護専門職が違う仕事先に変わる時も、十分な対策を必要とするのが採用面接です。

 

面接者の評価が良くなければ、看護職員不足であるにもかかわらず不合格になる可能性があります。
当然のことながら、待遇が良い勤務先は志望する人もそれだけ集まりやすいということですので、後で悔いが残らないよう当日まで最善を尽くして面接試験に行くようにしてください。TPOに配慮した品のある服を選んで、質問には溌剌と応じる姿勢が重要です。看護専門職が違う職場に変わろうとした時、多くの人が壁に当たってしまうのが申込理由です。

 

どのような根拠でその勤め先がよいと考えたのかを好感をもってもらえるように表すのはそう単純なものではありません。

 

 

 

高給料であるとか、休みがちゃんと取れるというのは実際には判断要素になりますが労働条件のメリットを出すよりは、ナースとしてスキルアップしたいといった、前向きな理由付けの方が好まれ、合格へ近づきやすくなります。

 

 

将来を見据え、キャリアアップのため、転職をする看護師も世の中にはいます。

 

 

 

能力を磨いておくことで、収入を増やすこともできるでしょう。
職場によって看護師の行う仕事は異なるため、自分に合う職場を検討することは必要でしょう。内科の外来が合うと思える人もいれば、特別養護老人ホームが合う人もいるので、自ら進んで転職していくのもアリですね。あと、結婚するときに転職しようとする看護師もかなり多いです。パートナーとすれ違って離婚するよりは、転職する方が良い選択でしょう。

 

いずれ育児をする気であれば、結婚のタイミングで自由となる時間の多い職場へ転職するのが楽ですね。
イライラが溜まっていると子どもができづらくなってしまうので、注意するようにしてください。看護専門職が職場を移る根拠としては、キャリアアップを挙げるとよいでしょう。
以前の上司や同僚ととそりが合わなかったとか、働きに対し割の合わない雇用条件だったというような、マイナス要素をあげてしまうと、相手側の心証を悪くしてしまいます。

 

 

 

実態としてはその通りだったとしても真意は胸の内だけでよいので、建設的にキャリアを積もうとしているということを告げるようにして下さい。

 

他の職業と同様に、看護師の場合も何回も転職をしていると不利に働くのかというと、必ずそうだとは言うことができません。

 

自己PRをうまくできれば、意欲的で経験を持っているというイメージを持ってもらうことも可能です。そうは言っても、勤務期間がほんの少しであると、採用後、すぐやめると思ってしまう場合もあるでしょう。