ナースではたらこ




東証一部上場企業「総合求人情報ポータル」の老舗・ディップ株式会社が運営



全国各地の医療機関情報・日本最大級、看護師専門の転職・求人サービス



多くの看護師さんに支持され、満足度第1位 (※:調査機関:楽天リサーチ 2015年4月/20〜40代)



Webに公開されていない最新の非公開求人も登録者限定でご紹介



「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんな看護師さんを応援








ナースではたらこ 詳細はこちら






https://iryo-de-hatarako.net/







ナース人材バンク





年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス




看護師紹介・業界一の老舗・東証一部上場 エス・エム・エス キャリアが運営




全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート




求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ




転職利用者の97%が満足の転職支援サービス

 (平成26年1月ナース人材バンク成約者アンケート調べ)






ナース人材バンク 詳細はこちら






https://www.nursejinzaibank.com/






マイナビ看護師





株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス





医療系転職支援サービスのプロがサポート





日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など




豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり





マイナビ看護師 詳細はこちら






https://kango.mynavi.jp/







パソナメディカル






医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ



登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介




登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー




なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実





パソナメディカル 詳細はこちら






http://nr.pasonamedical.com/







ナースパワー人材センター







看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア



業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用



沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評





ナースパワー人材センター 詳細はこちら





http://nursepower.co.jp/































賢い選び方看護師再就職

子育てを優先するために転職をする看護師も少なくないです。

 

 

看護師の場合、特に育児と仕事を両立させることが大変なので、夕方までの時間帯のみ働けたり、出勤する日の少なくて済む職場で働いたりすることが見つかると良いですね。

 

 

子育ての期間だけ看護師を休業するという人もいますが、お金がないと子育てに困りますので、できれば看護師の資格を活かすことのできる仕事を探してみましょう。
看護職員の方が仕事場を変えるのに丁度よい頃合いとしては、賞与金を受け取ってから辞職するというのが多数派なので、夏だと6月、冬だと1月が比較的スムーズです。ナースの手が足りない職場はたくさんありますが、より良い雇用環境に就くためにも、次の勤め先に移るまで3ヶ月程の期間を設けて、落ち着いて情報収集するのが安心です。
とにかくすぐジョブチェンジを、ということでないのなら、たくさんの求人オファーが出てくる時機まで待機すると無駄がないでしょう。看護職の人が職場を移る際も、面接試験が大切なポイントです。
面接者の評価が良くなければ、看護職員不足であるにもかかわらず不合格になる可能性があります。

 

雇用契約の内容が他よりよければもちろんのこと志願者数も多く競争率があがりますので、ベストの状態で臨めるよう十分備えて自信を持って面接室へ入れるようにしましょう。

 

 

 

場にふさわしい端正な装いで、質問には溌剌と応じる姿勢が重要です。

 

 

 

看護師が転職する際の要領としては、次の職場を探しておいてからやめるようにした方が良いでしょう。それに、3ヶ月ぐらいは使ってじっくりと転職先を探したほうが良いでしょう。

 

 

気持ちが焦った状態で次の職場へ行ってしまうと、次の職場でもすぐに辞めざるを得なくなりかねないので、希望の条件に合う仕事を注意深く確認し探すようにしましょう。そのためには、自分の希望をハッキリさせることが重要です。看護職の人がよりマッチした仕事を探すなら、契約内容でどのような点を大切にしたいのかをとりあえず明らかにしておきましょう。夜の勤務は難しい、充分な休みが欲しい、できればお看取りの場は避けたい等、個々の状況によって優先したいことも違ってきます。

 

 

 

今の日本ではナースの手が足りない職場はたくさんありますので、負担になる労働環境で我慢して勤める必要はないのです。

 

 

 

キャリアアップを志して転職する看護師も存在します。看護師としての腕を上げることで、収入を増やすことも目指せるでしょう。

 

 

看護師の仕事は職場次第で変わってくるため、自分が合うと思える職場を見つけられるといいですね。
内科の外来がぴったりだと思う人もいれば、特別養護老人ホームがピッタリだという人もいるので、前向きに転職していくのもいいかもしれませんね。ナースが仕事を変えるときに、立ち止まってしまうのが申込理由です。
どのような根拠でその勤め先がよいと考えたのかを良い感触を抱かせるように言葉にするのはそう単純なものではありません。高収入、休暇が多いといった労働条件のメリットを出すよりは、看護職員の専門性をブラッシュアップしたい等の、転職の理由に発展的な要素をもたせたものが合格へ近づきやすくなります。

 

 

 

専門職である看護師として働いている人が転職を考える際でも、職種の異なる職に転職したいと考える人もたくさんいます。しかし、大変な思いをして看護師資格を得たのですから、その資格が活きる職場を選んだ方が良いでしょう。全く異なる職種だとしても、看護師の資格が優遇される仕事はいくつも存在します。
大変な思いをして取れた資格なのですから、利用しないのは損です。

 

 

看護師が転職しようとする理由は、人間関係といった人が多くいます。女ばかりの仕事ですし、イライラしやすいこともあり、人間関係を面倒と感じる人がかなりの数いるでしょう。

 

その中に、パワーハラスメントやいじめが転職を検討する要因となる人もいます。
大変な環境を耐えて働いてしまうと、健康を害してしまいますので、すぐにでも転職を考えましょう。ナースが仕事を変えるキッカケとしては、看護技術をさらに磨きたい等、意欲的なものにすると好印象です。

 

前職のことを引き合いに出して、たとえばスタッフの雰囲気がよくなかったとか、働きに対し割の合わない雇用条件だったというような、負の動機であった場合、よくないイメージを相手方に与えてしまいます。

 

実態としてはその通りだったとしても律儀に知らせなくても問題はないため、できるだけ意欲的なイメージの志望内容を表明してください。

 

 

看護スタッフが別な職場に行きたいと思ったら、ネットの求人サービスを利用するのが便利です。

 

 

ナース向けの仕事紹介は、職安や求人雑誌には表に出ていないものも珍しくありません。ところが、ネットの看護専門職向けのキャリアサポートサービスだと、限定公開の人材募集をチェックできるのみならず、気になる組織風土などが確認できたりします。

 

 

なんとなく言うのが憚られる労働条件の相談を任せられることもあるようです。

 

看護師でも転職回数が多いと印象が悪くなるかというと、必ずそうだとは言うことができません。

 

 

自己アピールの方法次第で、経験が豊かで意欲があるといった印象を持ってもらえるかもしれません。とは言っても、勤務の年数があまりにも短い場合は、採用したとしても少ししたらまたやめてしまうのではないかと思われる可能性が出てきます。

 

 

看護職員の方が仕事場を変える手段としては、ここ数年、オンラインサービスの使用がマジョリティと言えるようになってきました。看護スタッフ専門のオンライン人材紹介サービスに相談すれば、タダの上、時間や場所を問わず気軽に転職情報を検討することも可能です。職場を変えた結果に満足出来るようにする為には、多くの情報を比較することがポイントになりますから、勤務先を移りたいと考えたなら、できるだけ早くアクセスしてみましょう。

 

 

 

それに、結婚する際に転職を検討する看護師も非常に多くいます。

 

パートナーとの関係が悪くなって離婚となるよりは、転職する方が良いでしょう。いずれ育児をする気であれば、結婚の際に、時間に融通の利く仕事に転職をしてしまうのが良いと思います。

 

ストレスが多くあると子どもを授かりにくくなるので、注意しましょう。看護師のためだけの転職サイトには、祝い金をくれるところがあります。
転職することでお金をくれるなんて嬉しい気持ちになりますよね。

 

 

 

ですが、お祝い金を出してもらうための条件を満たしていなければならないことが多いので、申し込みの前に確認をしておくようにしましょう。それに、お祝い金がもらえないサイトの方がその他のサポートが良いこともあります。